ウコッケイさん、カチューシャつけましょうか?

雌のウコッケイを2羽、飼っています。

珍しいですよね。

ウコッケイなんて、見たこともない人もいるはずです。
世話をする飼い主は『息子たち』というスタートで飼いました。

今年で3年目になります。

兄弟がそれぞれ1羽ずつ、手のひらサイズの『ひよこ』の時に買いました。
その時は、3羽のボリスブラウンがいました。

そこに、この2羽を加えて、一時期は5羽もいたんですけどね。
今はこの2羽のウコッケイだけになりました。

娘のようなかわいい存在です。
今年、息子たちは二人とも高校生になりました。

ということで、私がこの子たちの世話係です。

(世の中、子供が飼い始めるペットはそういう流れになっているものですね)
名前を読んだからといって、近寄ったりもしません。

けれども、気が向けば近寄ってきます。

そのかわいい黒い瞳で、私に何かを訴えているようです。

言葉は通じないけれども、なにか動物として感じるものがあります。

 

彼女たちは、いつもおどおど、びくびくしています。

少しでも、環境が変わると敏感に感じ取るようですよ。

たとえば、えさ入れの容器が変わっても、警戒しますね。

 

けれども、2羽の動きを見ていると癒されます。

まずは、その容姿。
頭の毛の様子は、すごく印象的です。

鶏とは思えない、まっ白でつやつやしたシルクのような毛。

まるで、ふわふわのボリュームのある綿帽子をかぶっているみたい。
 
そんなんじゃ、目が悪くなるわよ。

ちゃんと、見えているのかしら?
大丈夫なの?

毛先だけでも、カットしましょうか?

せめて、カチューシャをつけたらどうなの?
 
足の指も変わっていて、6本から7本あるという摩訶不思議さ。

性格も違っていて、2羽のやり取りを見ているのも楽しい。

おっとり派と、ちゃっかり派。

いい組み合わせなのかも知れません。
毎朝、そんな様子を楽しんでいます。

ウコッケイなら、動画検索をお勧めします。

 

彼女たちは、人工的に改良されていないから産卵数は少ないです。

そして、一定期間の抱卵時期があります。
抱卵が始まると、卵を採らせてくれなかったりもします。

彼女たちにとって、「大事な卵」なんですよね。
そんな彼女たちとの自然を感じる生活。

なかなか、いいものですよ。

情報提供元サイト:健康食品で元気に差がつく秘密

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る