自分を励ます詩(のようなもの)

本棚にあるたくさんの詩集。

自分がひからびないようにと
疲れた夜に、1冊引き抜く。

まるで的中率100%の占い師のごとく
欲していた言葉がそこには煌めいている。

私は夢中でページを繰って、そこから湧き出る
言葉の「泉」をすくい、トクトクと飲む。

ひとりの夜のひそやかな再生儀式。

もしも。

あなたの本棚に1冊も詩集がなくても大丈夫。

小首をかしげるように咲いている花。

すべすべと手触りのいい小石。

悲しみを歌うように鳴いている小鳥。

近づくと、さっと遠ざかる蛍の光。

そんな詩のような「何か」に
手や耳や目を触れさせにいけばいい。

まだ、ことばになる前の、
平凡な手垢に汚れる前の、
きらきらした詩の命の源。

今のあなたが探している何かに
ピッタリくるものが
きっとそこに在るはずだから。

記事提供元サイト:癒詩空間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る