ニンゲン様に物申す~さすらいの小鳥より

ニンゲン様にモノ申す! ~スマートフォンいじりすぎだぜお前ら!

まずは俺の話をしよう。
俺のことは『さすらいの小鳥』とでも呼んでほしい。
世界各国を流れ流れて、今は日本のとある食堂の世話になっている。
顔出しは勘弁してくれ。
知られたくない過去を背負う流れ者の身。
世話になっているところに迷惑をかけるのは俺の流儀じゃないんでね。
さて、ただただ身を潜めているのも芸がないってもんだ。
俺には大空を自由に駆けれる翼がある。
木の枝に身を潜め、ニンゲンどもの日常を今日ものぞき見てみよう。
最近のニンゲンってのは、手に薄っぺらい四角い板を持って、指先でずっといじっている。
道を歩いている時も、子どもの手をひいている時も、
食事を摂っている時も、電車に乗っている時も、ずっとだ。
あんな板触って何が楽しいのか、鳥である俺にはさっぱりだが、あんなにずっと板をいじり倒すくらいだから、よほど面白いんだろうと思う。

でもな、ニンゲンさんよ。
空から見てると、その板、いじったまんま歩いてるのは、ものすごく危なかっしいんだぜ、鳥的にはな。
よくあれで車にはねられないよなって、ちょいとウマのあう近所のスズメと、よく話すもんだ。

板いじりもほどほどにな!
特に恋人の前ではくれぐれも気をつけろよ。
つがい解散の危機を、この短期間で何度も見たからな。
目の前の雌の話は、よく聞いたほうがアンタの身のためだぜ。

情報提供元サイト:スギハラ食堂

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る